メニュー

投資の売り買いの仕組み


この章では投資における売買取引はどのような仕組みなのか、
売買取引を行うことでどのように利益を上げるのか、
具体的な例を交えて解説致します。

国外の通貨を売買して利益を上げるFX取引での売買取引を例に挙げると

1ドル=100円のときに
ドルを10ドル(1ドル×10=10ドル=1000円分)購入したとします。

その後、1ドル=110円まで値が変動したとします。

1ドル=110円の際に、購入していた10ドルを売却し日本円に戻すと
1100円(1ドル=110円×10=1100円)となり戻ってきます。

つまり、ドルを日本円で買った後に
ドルを売って、日本円を買い戻したことになります。

そして、戻ってきた際の差額分がFXにおける利益になります。

今回の例の場合、
投資額=1000円、売却価格=1100円ですので差額の100円が利益となります。

FXに限らず投資における売買とは、何かしらに投資を行い、
投資されたものの価値の変動に合わせて売買を行うことで、
投資した金額よりも多くの利益を得る事を指します。

<<『代表的な投資の種類』

『トレードしていくための実践講座』>>